ジオラマ

【簡単】プラスタークロスの使い方3ステップ【築堤を作ってみた 】

プラスタークロスの使い方を知りたい。
自然な斜面を作るコツは?

プラスタークロスの使い方は簡単です。以下の3ステップでOKです。

ステップ①:適当な大きさに切る
ステップ②:水で濡らす
ステップ③:貼り付ける

簡単に自然な地形を作ることができます。

こんにちは。DIYブロガーよーやんです。
最近はNゲージネタが多め。
ジオラマが出来てきています!

この記事を読んでいただければ、プラスタークロスの使い方が分かりますよ。


関連記事
ジオラマで地形を作る4つの方法-おすすめはスタイロフォーム

ジオラマの地形の作り方を知りたい。地形の作り方の定番は?簡単にうまくいく方法は? ジオラマで地形を作ると、ぐっとレベルが上がって楽しくなります。 地形の作り方は以下の方法があります。 地形の作り方 方 ...

続きを見る

 

プラスタークロスの使い方3ステップ

プラスタークロスの使い方は簡単です。以下の3ステップでOKです。

ステップ①:適当な大きさに切る
ステップ②:水で濡らす
ステップ③:貼り付ける

簡単な手順で、思い通りの地形を作れるのでめちゃくちゃ便利です!

 

ステップ①:適当な大きさに切る

プラスタークロスをハサミで切ります。

ざっくりで大丈夫です。

適当な大きさにカットしていきましょう。

 

ステップ②:水で濡らす

カットしたプラスタークロスを水で濡らします。

やや大きめの容器に水を入れておくと便利です。

 

ステップ③:貼り付ける

濡らしたプラスタークロスを貼り付けます。作りたい形に、丁寧に貼っていきましょう。

この時に貼った形のまま硬化して地形が出来ていきます。約30分でカチンコチンに固まるので、プラスタークロスの下は空洞になってもOKです。

もっと頑丈にしたい場合は、2枚重ねて重ねて貼り付けください。

 

 

   

築堤を作ってみた

実際に、プラスタークロスを使って築堤を作りました。

線路を地面からかさ上げした築堤は、土手の部分が傾斜になっています。

プラスタークロスなら、自然な傾斜を作れますよ。

 

前準備: 土台を作る

築堤の土台を作っていきます。

線路が通る部分をスチレンボードで作り、カットしたスタイロフォームでかさ上げしました。

 

スタイロフォームをカットして木工用ボンドで固定します。

 

線路を置くとこんな感じ。

 

築堤の土台部分が完成です。

 

いったん線路を取り外します。

 

プラスタークロスを貼る

土台部分が出来たら、カットして水で濡らしたプラスタークロスを貼っていきます。

全体を覆うようにして、自然な傾斜を表現していきます。

自然な築堤の形が出来ましたね。

 

全体をプラスタークロスで覆いました。

 

築堤の形が出来てきた

プラスタークロスが硬化したので線路を載せてみました。

築堤の周りの傾斜もいい感じですね。

これを紙粘土などでやると、結構な量の紙粘土を使いますし、手間もかかります。

プラスタークロスで、かなり簡単に出来上がりました!

 

 

自然な斜面が作りやすい

そもそも、プラスタークロスとはガーゼ状の布にシーナリー(石膏など)を塗布した製品です。

自然な地形を表現しやすいです。

好きな形に布を貼り合わせていくだけで、思い通りの地形を表現できます。

今回のように、築堤の斜面などは、発泡スチロールや紙粘土で表現するより簡単です。

 

 

   

プラスタークロスで色んな地形をつくろう

プラスタークロスは色んな地形作りに使えます。

山の斜面に使うのおすすめ。

土台は、新聞紙やダンボールでもOKです。プラスタークロスで覆ってしまえば、思い通りの地形が表現できます。

地形表現が出来たら、パウダーで土を表現したり、樹木を植えていけば情景が出来上がっていきます。

景色が出来ていくのって楽しいですよね!


 

まとめ

プラスタークロスの使い方を紹介しました。

使い方は簡単3ステップ。

ステップ①:適当な大きさに切る
ステップ②:水で濡らす
ステップ③:貼り付ける

初心者でも使いやすいので、あなたも試してみてください。


-ジオラマ
-,