DIY

【口コミ・レビュー】マキタの電動ジグソーおすすめ9選を徹底比較

2021年12月29日

マキタの電動ジグソーはどれがいいの?
マキタのジグソーを比較したい。
選び方のポイントは?

電動ジグソー選びで失敗しないため、しっかり比較して選びましょう。

選び方のポイントは以下の通りです。

①価格

②充電式orコード式

③パワー

④スピード

上記を踏まえて選べば大丈夫です。

こんにちは。薬剤師ブロガーよーやんです。
DIYで色んな家具を作っています。
電動ジグソーでDIYが格段に楽しくなりました。

この記事を読んでいただければ、電動ジグソー選びで失敗しないで済みますよ。

関連記事
マキタの電動ジグソーJV0600Kの使い方と感想レビュー【初心者でも安心】

電動ジグソーの使い方を知りたい。 マキタのジグソーは使いやすい? 安全性はどうなの? マキタの電動ジグソーの使い方は簡単です。 ① 刃(ブレード)を取り付ける ② 木材にジグソーを当てる ③ スイッチ ...

続きを見る

 

 

マキタの電動ジグソーの比較ポイント

マキタは電動工具国内シェアNo.1のメーカーなので安心です。

とはいえ、マキタの電動ジグソーにも種類がたくさんあるので迷いますね。

電動ジグソー選びのポイントは以下の通りです。

①価格
②充電式orコード式
③パワー
④スピード

上記を理解して納得して購入しましょう。

 

① 価格で選ぶ

マキタの電動ジグソー相場は1万円~4万円ほどです。

1万円程度の商品でも、DIYで使用する分には十分な機能です。

価格の違いは、充電式かコード式かで変わってきます。

コード式は1万円程度ですが、バッテリー式だと4万円近くになります。

 

そのほかに、パワーやスピードなどの性能も価格に影響します。

 

バッテリーと充電器は別売?

バッテリー式でも1万円程度の商品があります。

とはいえ注意点がありまして、バッテリーと充電器が別売の事が多いです。

充電式電動ジグソーとバッテリー、充電器を購入すると合計で4万円近くになりますよ。

 

② 充電式orコード式

マキタと電動ジグソーには、充電式とコード式があります。

DIYで使用する分には、コード式で問題ないかと。

作業中に移動しないのであればコード式で大丈夫ですね。

コード式だと、バッテリーの心配が要りませんし、パワーも安定しているので便利です。

 

やっぱりコードが邪魔になりそうで気になる。
コードが気になる方は、充電式にしましょう。

 

充電式はバッテリーの電圧に注意

充電式にする場合は、バッテリーの電圧に注意にしましょう。

マキタのバッテリーには、10.8Vと18Vがあります。

18Vの方が一般的でパワーも十分です。

10.8Vのバッテリーは軽くて使いやすく、DIYで使う分にはパワーも問題ないかと。

パワーも妥協したくないという方は18Vを選びましょう。

ちなみに、バッテリーは他のマキタ製品にも使い回せるのでわせるので経済的です。

 

③ パワーで選ぶ

切断能力とは、切断できる材料の厚みです。

切断できる、木材の厚み、アルミの厚み、軟鋼板の厚みが表示されています。

以下のように表示されています。

表示例

木材:135mm
アルミ:20mm
軟鋼板:10mm

木材の厚みをチェックすればOKです!

パワーが足りずカットできないと残念なので、しっかり選びましょう。

 

④ スピードで選ぶ

スピードは、ストローク幅とストローク数で決まります。

ストローク幅刃が動く幅のことでして、大きく動くほど楽に早くカットできます。

ストローク幅は18mm~26mmまであります。

20㎜以上のものを選べば問題ないかと。

逆に18㎜だと、あとで後悔する可能性ありです。

 

ストローク数は、刃が動くスピードです。

最大ストローク数を比較すると、2400~3500まであります。

 

 

マキタの電動ジグソー9選を徹底比較

マキタの電動ジグソーはラインナップが豊富です。

おすすめ9選の中から自分に合ったものを選びましょう。

紹介する電動ジグソーは以下の通り。

① JV0600K
② マキタ 4327
③ M421
④ 4350FCT
⑤ JV182DZK
⑥ JV101DZ
⑦ JV182DRF
⑧ JV101DSH
⑨ JV103DSH

①~④はコード式、⑤~⑨は充電式です。

 

 

① JV0600K

コード式でコスパ抜群の電動ジグソー

こちらは、コスパ抜群なのでDIY初心者におすすめです。

 

ポイント

・価格:1万2000円~
・コード式
・パワー:木材90mm
・スピード:速い(ストローク幅23mm、ストローク数最大3100)

コード式なのでパワーは安定しています。
90㎜の厚みの木材がかっとできれば、DIYで困ることはないかと。
コード式は、バッテリーや充電器もいらないので、かなりコスパが良いです。

低評価の感想

  • せっかくのケースが、ケーブルをよぼと上手にたたまないと入れにくいこと。マキタの良さは、ケーブルがしっかりしているところにあるが、それが収納時には災いしてる。
  • ワンタッチでブレードの取り付け、取り外しが可能とのことでしたが、開封して付属のブレードを取り付けたところ取り外しにとても手間取りました。

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • 速度が遅く調整出来るのが助かる。
    切れ味に付いては、刃先次第なので(以前使っていた物と)余り変わらないが、アルミ板の切り抜きがメインなので、速度が遅く調整出来るのが助かる。(以前の物は、速度固定で金属には速過ぎた!)
  • 作動音は速度を落とせば静かになる
    作動音に付いては、高速で動かせばそれなりの音量だが、これも速度を落とせば静かになるので、特に速度を要求する場合で無ければ問題無い。

引用元:Amazonレビュー


 

② マキタ 4327

初心者には十分な性能のコード式ジグソー

こちらは、コスパ抜群なのでDIY初心者におすすめです。

 

 

ポイント

・価格:1万円~
・コード式
・パワー:木材65mm
・スピード:普通(ストローク幅18mm、ストローク数最大3100)

コード式なのでパワーは安定しています。
パワーがやや落ちますが、小さめの木工用には十分です。

低評価の感想

  • 左へ左へと進んでしまいます。
    購入後早速使ったのですが、左へ左へと進んでしまいます。ブレードを付けた状態でよく見ると、取付位置から刃先がズレてました。個体差なのかマキタの製品でも中国製ではこんなものなのか複雑な気持ちです。
  •  ガイドや定規で直線切りしたいなら、もっと高いやつを買うべし
    アルミアンクルで直進ジグソーガイドを作り本体をきっちりまっすぐに動かしても、材に歯が引っ張られ徐々に左にずれていってしまいました。

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • スムーズに切れます。
    日曜大工が好きでいろんな家具類をデザインして作成することが多いために、今回は有線100Vを選びました。
    結果は、初回の使用時からほんとにスムーズに切れ、作業が早くて気持ちいいです。
  • 初心者でしたが十分使えました。
    ジグソー全くの初心者でしたが、十分使えました。
    長い直線を真っ直ぐ切るのは難しいですが、当て木をしながら切れば大体は真っ直ぐに切れました。

引用元:Amazonレビュー

 


 

③ M421

1万円以下で購入できるコスパが良いコード式ジグソー

低価格を実現したマキタのジグソーなので、気軽に始められますね。

 

ポイント

・価格:9000円~
・コード式
・パワー:木材65mm
・スピード:普通(ストローク幅18mm、ストローク数最大3100)

コード式なのでパワーは安定しています。
パワーがやや落ちますが、小さめの木工用には十分です。
安心のマキタのジグソーが1万円以下は驚きです。

低評価の感想

  • 動作音が少し大きい。
    この手の商品は全部そうなんだろな~と思いますが、動作音が高く、外で作業した場合は近所迷惑なっているかもしれませんね。
  • ケースも欲しかった
    できれば、ケースも欲しかったです‼

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • 曲線も簡単
    曲線も簡単に切ることができます。ただ、慣れは必要で、下書きの曲線に沿って切ろうとトライし若干ずれてしまいました。
  • 動作が安定している
    ある程度の重さがある為、安定感があり使いやすい。

引用元:Amazonレビュー

 


 

④ 4350FCT

電子制御&無断変速!負荷をかけても切断スピードを維持するコード式ジグソー

こちらは、高性能なコード式ジグソーです。

 

ポイント

・価格:2万9000円~
・コード式
・パワー:木材135mm
・スピード:速い(ストローク幅26mm、ストローク数最大2800)

電子制御&無段変速ダイヤル式で負荷をかけても切断スピードを維持します。
パワーも十分で安定して切断していけます。

低評価の感想

  • 刃の交換が出来なくなった
    アルミにマスキングテープを貼って切ったら、刃の交換が出来なくなりました。
  • 重かった
    少し重いです、軽くなれば最高です、使い勝手は良いなですが何とか軽くして欲しい。

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • 作業し易かった
    内臓ファンで切りくずを飛ばしながら、LEDで進路を照らしてくれるので作業し易かったです。
    直進性もよく、切り口も綺麗でした。
  • さすがマキタ物作りがしつかりしている
    今まで使用していた道具とは断然使いやすく製品もしつかりしていて、非常に使いやすい。

引用元:Amazonレビュー


 

⑤ JV182DZK

機能が豊富で便利な充電式ジグソー

これを選べば間違いないジグソーです。

 

 

ポイント

・価格:2万9000円~※バッテリー、充電器別売
・充電式
・パワー:木材135mm
・スピード:かなり速い(ストローク幅26mm、ストローク数最大3500)

価格は本体とケースのみで3万円と、それなりの価格です。
バッテリーと充電器で5000円ほどかかります
とはいえ、パワー、スピード共に十分な性能があります。

 

低評価の感想

刃口のクリアーガイドカバーがすぐに破損してしまいました。

※低評価の感想があまりありませんでした。

引用元:楽天レビュー

高評価の感想

  • 使い勝手がいい
    コード式から充電式にすると とても使い勝手がいいです。現場では重宝してます。あと、ジグソーならではの反発がほとんど感じられないのに驚きました。
  •  ちょっと使いに絶大な効率を発揮します!
    もちろん曲面切りなど大活躍します。非常に良いです。
    それだけではなくラフに使いたい場面でも気軽に使えます。

引用元:Amazonレビュー

 

 


 

⑥ JV101DZ

軽量タイプで扱いやすく、コスパ抜群の充電式ジグソー

バッテリー込みの重量が1.7kgです。

ポイント

・価格:1万円~ ※バッテリー、充電器別売
・充電式
・パワー:木材65mm
・スピード:速い(ストローク幅18mm、ストローク数最大2900)

充電式なのに1万円からとコスパ抜群です。
別売のバッテリーと充電器に5000円が掛かるとことを含めてもコスパ抜群。
パワーは劣りますが軽量の10.8Vのバッテリーを採用しています。
パワーが劣るとはいえ、簡単なDIYに使うには十分な性能です。

低評価の感想

  • 18Vバッテリーは使用出来ませんでした。
    レビューの中に18Vのバッテリーが使えると書いてあったので購入しましたが、使えませんでした。返品します。

引用元:Amazonレビュー

  • 横方向にたわんではしまいます
    コンパネのR部の加工をしたくて購入させて頂きました。本当はBLモーターの上位機種の方が良いんでしょうが、頻繁に使うものでもないので、最終的にこちらを選択しました。実際に使った感想ですが、どうしても刃が横方向にたわんではしまいますが、目的の加工ができたので満足しています。

引用元:楽天レビュー

高評価の感想

  • 使いやすい
    丸のこを使ってましたが、細い木はジグソーの方が簡単ですね。

引用元:楽天レビュー

  • 使いやすい
    初心者にも使いやすい。

引用元:Amazonレビュー

 


 

⑦ JV182DRF

すべてが揃った充電式ジグソー

電池・充電器・ケース付なので、これだけ買えばOKです。

ポイント

・価格:4万5000円~
・充電式
・パワー:木材135mm
・スピード:かなり速い(ストローク幅26mm、ストローク数最大3500)

価格は4万5000円~と少し高めですが、電池・充電器・ケース付なので妥当な価格です。
パワー、スピード共に十分な性能があるので、必ず満足できます。
一切妥協せずに、すべてを揃えたい人はこちらを購入しましょう。

低評価の感想

  • 長い刃が、あまり売ってない
    いつも使ってますが、とても使いやすいと思います。ジグソーの長い刃が、あまり売ってないのが、いつも困ります。
  • 付属のバッテリーに変な模様
    本体は見た目、問題は無いんですが付属のバッテリーに変な模様が付いていて、何かベトベトしています。

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • さすがマキタ
    パワー、安定度、ワンタッチ刃交換、安全スイッチなど満足度は高い。さすがマキタ。ボディが大きめで重いが、それゆえ反動や振動を押さえて安定したカットができる。やっぱりコードレスは使いやすい! 箱は充電器と予備バッテリーのスペースがあるので大きい。バッテリーと充電器は持っていたので、本体だけ入る箱だとよかった。
  • 安全面も安心
    すばらしく使いやすいです。ボタンを押さないと起動しないなど安全面も安心です。発送も迅速でありがとうございました。

引用元:Amazonレビュー

 


 

⑧ JV101DSH

電池・充電器・ケース付で低価格の充電式ジグソー

全てが揃って1万6500円~です。

 

 

ポイント

・価格:1万6500円~
・充電式
・パワー:木材65mm
・スピード:普通(ストローク幅18mm、ストローク数最大2900)

10.8Vの軽量タイプのバッテリーのため、パワー、スピードが劣ります。
軽量タイプなので、楽に作業ができます。
価格が安いので、気軽に購入できます。

低評価の感想

  • 100Vよりは力不足だけど問題無し
    100Vの物を今迄使用していたが、使用時に電源を用意する手間を考えて購入しました。
    18Vは他の製品を含めてバッテリーが沢山あるので18Vとどちらにするか悩んだ末に
    使用頻度が低いのと、使う際も使用時間もそれ程長く無いで安価で軽量なこちらを選択しました。
    使用してみた感じとしては、若干力は弱いかなと言う感じはするが問題の無いレベルでした。
  • バッテリー容量が小さいので予備バッテリーは必要
    現場でも活躍してます。物は充分使えるのですが、バッテリー容量が小さいので予備バッテリーは必要かと。
    速度調整無しですが、トリガーの具合で調整して使ってます。今のところ買って良かったです。

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • 切れ味は良い 使い方がやはり難しい
    使い方を完全にまだマスターしていません。それくらい、単なるジグソーではありながら、多彩に使える可能性があります。板の内側をくり抜くことができれば、物の総重量を抑える効果があると思うので、合板で作った本棚等で行ってみたいと思います。特に、立て板は、強度ぎりぎりまでデザインカットをしてみたく思います。
    どんなジグソーでも、慣れるにはかなりかかると思います。
  • 軽くていい。
    軽くていい。ジグソーは仕事上、それほど使わないので、これくらいのパワーと重さが丁度良い。

引用元:Amazonレビュー

 

 


 

⑨ JV103DSH

電池・充電器・ケース付で低価格の充電式ジグソー

全てが揃って1万6500円~です。


ポイント

・価格:2万1000円~
・充電式
・パワー:木材90mm
・スピード:速い(ストローク幅23mm、ストローク数最大3000)

10.8Vの軽量タイプのバッテリーとはいえ、性能が向上したタイプです。
90㎜の木材が切断できるので、DIYで困ることはないかと。
電池・充電器・ケース付なので、これだけ買えばOKです。

低評価の感想

  • ブレード外しにくい
    ほかの方も書いておられるようにブレードが引っ掛かり壊れたかなと思うほど外しにくいです。いろいろやってるとそのうち外れます。
    収納ケースは替え刃とか入れるスペースが無く使い勝手が悪い。バッテリー残量が解らない。
  • ソフトスタート機能が邪魔
    ソフトスタート機能が邪魔でしょうがない。トリガーでストロークスピードは調整するんだから。

引用元:Amazonレビュー

高評価の感想

  • ちょっと切りたい時に抜群に便利
    今までコード式の丸鋸を使用していたのですが、こちらを購入してからちょっと切りたいなどの時に抜群に便利になりました。ツーバイフォーくらいになるとかなりゆっくり切らないと刃が負けるて曲がる事があるのでそのくらいの木材を切るのには丸鋸のが良いのかも。
  • さすがマキタだね
    これぞマキタって感じ。使い易い。今まで4台購入したが(安物5000円から1万円)やはり物が違った。
    高くてもマキタを買うべし!!

引用元:Amazonレビュー

 


 

 

電動ジグソーでDIYを楽しもう

電動ジグソーがあれば、簡単に木材をカットできます。

しかも、曲線などの細かい部分も自由に切断していけます。

 

僕も、電動ジグソーでDIYが楽しくなりました。

しかも、マルノコに比べて安全です。

DIY初心者にもおすすめの工具ですね。

 

 

自分に合ったジグソーが見つかる

マキタの電動ジグソーはラインナップが豊富です。

必ず自分に合った電動ジグソーが見つかります。

 

大きめの木材をカットしたり、屋外でも使うなら充電式がおすすめ。

自宅で、細かな作業が中心ならコード式でOKです。

 

分厚い木材もカットしたいなら、パワーのあるジグソーを選びましょう。

 

ちなみに、僕は以下のコード式ジグソーを使っています。

自宅で作業する分には十分すぎる性能です。

 

 

まとめ

電動ジグソー選びで失敗しないため、しっかり比較して選びましょう。選び方のポイントは以下の通りです。

①価格

②充電式orコード式

③パワー

④スピード

自分に合ったジグソーを選んで、DIYを楽しみましょう。

 

-DIY
-