DIY

【簡単DIY】のこぎり作業台を自作してみた【おすすめ3選も紹介】

のこぎりを使うDIY作業台を準備したい。
作業台を自作してみたい。

2×4材と1×4材だけでDIY作業台を自作しました。

作業台があれば、のこぎりや電動ジグソーなどでの作業が効率アップします。

こんにちは。薬剤師ブロガーよーやんです。
DIYで色んなものを作っています。
最近は、色んな電動工具を使うようになりました。

作業台を準備すれば机を傷つけずに工作ができますよ。

 

 

DIY用の作業台を自作しました

2×4材と、1×4材だけで作業台を自作しました。

2枚ずつ用意した2×4材と1×4材をカットしてビス止めするだけです。

以下のように組み合わます。

 

裏からビス止めするだけです。

 

2つのサイズに作ると便利です。

 

以下のように組み合わせれば、色んなサイズに対応できます。

 

 

   

作業台がないの厳しい

のこぎりや電動ジグソーを使うには作業台がないと難しいです。

以前は机の上や、机の端っこで作業していましたが、のこぎりの刃で作を傷つけてしまいました。

床で作業して床を傷つけたこともありました。

そのため、のこぎりを自由動かせるような作業台が必要になります。

 

机を傷つけないようにするには、木材を浮かせたような状態にできないと作業が難しいです。

そのため、作業台を自作してみました。

とはいえ、市販の作業台を使うのもありですね。

 

 

市販の作業台を使うのもあり

意外に安くて便利な作業台があるので、市販の作業台を使うのもありです。

市販の作業台のメリットは以下の通り。

メリット①:机や床を傷つけない

メリット②:材料を固定できる

メリット③:折りたためる

 

メリット①:机や床を傷つけない

作業台を使えば、机や床を傷つける心配はありません。

作業台は、のこぎりや電動ジグソーの刃が使いやすい仕組みになっています。

 

メリット②:材料を固定できる

材料を固定しやすくなっています。

並行や直角も出しやすくなっています。

 

メリット③:折りたためる

折りたためるので、場所を取らず便利です。

 

 

   

作業台おすすめ3選【口コミあり】

おすすめの市販の作業台を紹介します。

 

①:ワークメイト WM225

正確な組立て作業や穴あけ作業の際、しっかり部材を固定できます。

ポイント

・価格:¥6,218
・高耐久設計
・折り畳み式

最大負荷荷重204kgの高耐久設計なので、重たい材料や工具を使っても安心です。

折りたたんでコンパクトに収納できるワンタッチ折りたたみ式フレームを採用 なので、置き場所に困りません。

高評価の感想

  • 頑丈
    とりあえず組み立てましたが素人目に十分な剛性を持ったものな感じがします。
    足を折りたたんだままでも使えるので、その場合はロックを外して持ち上げるだけで使えます。
  • 価格以上の満足度です
    1x4、2x4材の加工には十分な製品です。 安定感も高く、使い勝手も良いです。

引用元:Amazonレビュー

低評価の感想

  • 説明書が分かりにくい
    組み立て説明書の図が小さく印刷が荒く、わかりにく過ぎる。何度もやり直すことになりました。
  • コストパフォーマンスが高いですが、スペックには一抹の不安
    ただ厚手の板金で本体が組まれており、端面処理がなされていないので、利用前に紙やすりで処理しておいたほうがいいでしょう。
    天板は竹の合板でとても強度がある感じがします。雰囲気がとてもいいです。

引用元:Amazonレビュー

 


 

 

 

②:ワークベンチバイス GTWB-300

こちらも、保管場所を取らない折りたたみ式ワークベンチバイスです。

ポイント

・価格:¥3,018
・固定できるストッパー付
・折り畳み式

しっかり固定できるバイス(ストッパー)4個付がついているので快適に作業できます。

各種DIY軽作業用の作業台として便利です。

高評価の感想

  • コスパが良い
    商品自体は値段の割に使いやすいです
    軽い分だけ剛性がありませんが、日曜大工にはこの程度で。
  • 組み立ても簡単
    DIY好きの方は是非買ってほしい作業台です。自分で作業台を作ろうかと考えていた矢先にAmazonでこちらの商品を発見。
    安いし評価も高かったので材料費と自分の工賃考えたらかなりのお得感がある商品でした。
    組み上げも電動ドライバーさえ有れば簡単に組み上げ完了です。

引用元:Amazonレビュー

低評価の感想

  • 組み立てに難あり
    組み立てようと部材を箱から出し、いざ組み立て。第1工程の作業台と台座にネジ止めしようとしたら、ネジ穴が2つ分もズレています。
  • 台座の金具が梱包で押されて曲がっているけど問題なし
    天板の穴の位置が違うとのコメントがありますが穴の位置はあっていて取付ける台座の金具が梱包で押されて曲がっているだけなのであくまで天板の穴に合わせて金具を曲げ戻して取り付けるのが正しいです。ちょっと分かりずらいかもしれませんが慣れてる人なら迷わないと思いますがその辺が気になる人はもう少しコメントで評価が高い製品をお勧めします。

引用元:Amazonレビュー


 

 

③:SSPOWER ミニワークベンチMWB-60

小型なので加工物を固定しての作業や座っての作業が快適です。

ポイント

・価格:¥3,156
・固定できるストッパー付
・コンパクトで持ち運びに便利な折りたたみ式

しっかり固定できるバイス(ストッパー)4個付がついているので快適に作業できます。

各種DIY軽作業用の作業台として便利です。

高評価の感想

  • ガタツキなし
    完成後、早速使ってみましたが安定感は悪くないです、其処までガタガタすることはありません。どうしてもなる人は先にはめたゴムを調整してみましょう。挟む力も強く、グラインダーを固定して木を磨きましたがズレはありません、重さもソコソコあるので安定感はあります。
  • 組み立て説明書が分かりやすい
    組み立て方の説明書はよくわかりやすく出来ていると思います。シールが貼り付けられているので間違わないが、脚部の<くぼみが外>というシールもついでに貼って貰いたいものです。

引用元:Amazonレビュー

低評価の感想

  • ガタつくとか、ネジが合わないことがあるが値段相応
    ガタつくとか、ネジが合わないなどの酷評がありますが、3000円以下の値段で1~2万円ぐらいする大手メーカーと同等の品質を要求する方が無理です。自分でDIYできる人なら改修や補修できる不具合のレベルですので、教材用と思えば逆に付加価値は上がります。
  • 固定機構が華奢(きゃしゃ)
    手軽に使う作業台としては価格を考えるとギリ合格かなというレベル。ハンドルでスライドさせる機構の全体が華奢(きゃしゃ)なので強く挟み込むと作業台の内側が浮き上がるし、部材の厚みも薄いので耐久性も期待できません。

引用元:Amazonレビュー


 

作業台で効率アップ

作業台があればDIYが効率アップして楽しくなります。

しかも、今までよりもストレスなく上手に仕上げられます。

DIYの腕が上がった感じ。

専用の作業台がない人は、必ず準備しましょう。

しかも、数千円程度で折り畳み式で高機能なら最高です。

 

 

まとめ

今回はDIY作業台を自作しました。

作業台があれば、のこぎりやマルノコ、電動ジグソーでの作業が効率アップします。

折り畳み式で頑丈な作業台も市販されてますよ。

 


 




-DIY