鉄道模型

ジオラマで地形を作る4つの方法-おすすめはスタイロフォーム

ジオラマの地形の作り方を知りたい。地形の作り方の定番は?簡単にうまくいく方法は?

ジオラマで地形を作ると、ぐっとレベルが上がって楽しくなります。

地形の作り方は以下の方法があります。

地形の作り方

方法①: スタイロフォーム
方法②: スチレンボード
方法③: 発泡スチロール
方法④: 段ボールや厚紙

この中でもおすすめは、スタイロフォームを使った方法です。カッターなどで成形しやすく、発泡スチロールよりも細かいゴミが出にくいです。

こんにちは。薬剤師ブロガーよーやんです。
実家で出てきたNゲージにもハマリ、ジオラマ制作をブログ記事にしています。

この記事を読んでいただければ、ジオラマの地形作りの基本が分かりますよ。

 

 

地形を作る方法

ジオラマで地形を作る4つの方法は以下の通り。

地形の作り方

方法①: スタイロフォーム
方法②: スチレンボード
方法③: 発泡スチロール
方法④: 段ボールや厚紙

特におすすめはスタイロフォームを使ったやり方。

とはいえ、他の方法も身近な材料で出来るのでお手軽です。

 

方法①: スタイロフォーム

おすすめの方法はスタイロフォームを使った方法です。

そもそも、スタイロフォームとは断熱材の一種でして、ホームセンターで購入できます。もちろんネットでも購入できます。

カッターで簡単にカット出来て自由自在です。スタイロフォーム自体をジオラマボードにするのもありです。

スタイロフォーム同士は、木工ボンドや発泡スチロール用接着剤で簡単に接着出来ます。自由に接着してから、カッターでカットしていけば、簡単に地形が作れます。


 

方法②: スチレンボード


 

スチレンボードもカッターで簡単にカットできます。カットしても、細かいゴミが出ないので扱いやすいです。

百均で購入できて、初心者におすすめです。

スタイロフォームと同じく、木工ボンドや発泡スチロール用接着剤で接着すればOK。

とはいえ、大き目のレイアウトを作るにはコスパが悪いし、手間もかかります。小さめのレイアウトや、ピンポイントで使用するのがおすすめです。


 

方法③: 発泡スチロール

発泡スチロールは、なんと言ってもコスパが良いですね。梱包用に使われていた発泡スチロールを使えばタダです。

ただし、カッターなどでカットしたときに細かいゴミが出るのが難点です。ぼくは、こういう細かいゴミが苦手でして、発泡スチロールは諦めました。

とはいえ、専用のスチロールカッターを使えば、細かいゴミが出ないので良いかも。

あとは、木工ボンドや発泡スチロール用接着剤でくっつけて、自由にカットしていけば地形が作れます。


 

方法④: 段ボールや厚紙

段ボールや厚紙を、貼り合わせたりホッチキスで止めていくだけでも地形は作れます。

山の地形なども作れます。

ざっくり作ってから、表面をプラスターや紙粘土などで仕上げればOKです。仕上げの方法については、このあと解説していきます。

 

 

   

地形を仕上げる

上記の通り地形を作ってから、仕上げをしていきましょう。

 

① 地面を作る

ざっくり地形が出来たら、地面を作っていきます。

地面作りには以下の素材が使えます。

地面の素材

・シーナリープラスター
・プラスタークロス
・紙粘土

 

・シーナリープラスター

トミックスから発売sレテイルレイアウト素材の定番です。

水に溶かしてドロドロになったプラスターを刷毛で塗っていきます。30分ほどでリアルな感じに固まります。

 

・プラスタークロス

ガーゼ状の布にプラスター剤が塗ってある製品です。

この布を水で湿らせて、貼っていきます。30分ほどでカチンコチンに固まります。

段ボールや厚紙などでざっくり作った地形も、これさえあればしっかりと仕上がりますよ。

KATOのプラスタークロスが定番ですが、以下の商品はコスパが良いです。


 

やっぱり定番が良いという方はこちら。


 

・紙粘土

百均で売っている紙粘土で十分。

塗料ののりも良くて扱いやすいので、レイアウト制作におすすめです。


 

・スタイロフォームをそのまま生かす

スタイロフォームの表面はざらざらしているので、そのまま利用すのもOKです。

とくに、岩の表現におすすめ。

カッターなどで表面を傷つけてから塗装すると、リアルな岩が完成しますよ。

 

 

② 土や草木を表現する

地面が出来たら、土や草を表現していきましょう。

土や草木の表現

・ジオラマパウダー

・アクリル絵の具

 

・ジオラマパウダー

ジオラマ用のパウダーを散布して土を表現。

水で薄めた木工用ボンドを塗ってから、パウダーを撒いていけばOKです。


 

・アクリル絵の具

 

水溶性ですが、乾くと油性の塗膜になるのでしっかり塗装出来ます。

紙粘土やプラスターの上から大胆に塗っていけばOKです。


 

 

スタイロフォームで地形を作ってみた

ジオラマの地形制作の様子を紹介します。

スタイロフォームと紙粘土を使ったやり方なので、コスパも良いし、楽しく作業できましたよ。

 

手順①: スタイロフォームで基本的な地形を作る

まずは、基本の地形をスタイロフォームで作っていきます。ざっくりと、重ねていき山の地形になってきました。

 

木工ボンドで固定して、カッターで整えていきました。

大まかな全体像をイメージしながらも、考えすぎずにやってみましょう。

 

手順②: カッターなどで岩の雰囲気を作る

岩の部分を表現してみました。カッターでスタイロフォームの表面に傷をつけていきます。

ここでも、考えすぎず大胆に食っていく方がリアルに仕上がります。

 

手順③: 紙粘土で地面を作る

紙粘土で地面を作っていきます。薄く延ばしたり、隙間を埋めたりしながら、楽しく作業していきます。

先に少し塗装してしまいましたが、ジオラマ制作は少し手順が逆になっても大丈夫です。あとからいくらでも手直しできますよ。

 

手順④: アクリル絵の具で塗装する

アクリル絵の具で塗装していきます。岩のあたりは、グレーやブラックで塗装していきます。

ブラックを水で薄めて流していくと、溝の当たりも表現できます。

 

土の色は意外に、白をベースに黄色や茶色を混ぜて淡い感じにするのが良いです。僕は最初は黄色が強すぎで、毒々しいかんじになりました笑

 

失敗したので、後から淡い色を重ね塗り。しかも、草をまいた後でした笑

 

すこし良い感じになってきましたかね。このあと、黄土色のパウダーを撒きます。(ここも順番がおかしくなりまたが・・・)

アクリル絵の具は乾けば油性になるので、失敗しても重ね塗りすれば大丈夫なので、大胆にいきましょう。

 

手順⑤: パウダーを散布する

次にパウダーを散布していきます。

水で薄めた木工用ボンドを刷毛で塗ってから、パウダーを撒いていきましょう。

 

ボンド水の後に、パウダーを撒きます。

 

すぐに草を撒いちゃいましたが、ここは先に黄土色のパウダーでしたね。皆さんは順番に気を付けて下さい。

余分なパウダーは掃除機で吸いますが、掃除機の先にメッシュを貼っておくとパウダーを再利用できます。

 

以下のパウダーが、コスパが良く初心者にもおすすめです。


 

その前に、黄土色のパウダーですね。


 

 

   

まとめ

ジオラマの地形の作り方を紹介しました。まとめると以下の4つの方法があります。

地形の作り方

方法①: スタイロフォーム
方法②: スチレンボード
方法③: 発泡スチロール
方法④: 段ボールや厚紙

とくにスタイロフォームを使う方法がおすすめです。

地形が出来たら、プラスターや紙粘土で地面を作りパウダーをまけば情景が出来上がりますよ。

ぼくも失敗しながらですが、後からリカバリーできるのがジオラマの良いところかも。

あなたも挑戦してみてください。

-鉄道模型
-