レンタルサーバー選び

【実体験あり】エックスサーバーとさくらサーバーを比較

2020年12月16日

サーバー

これからWordpressブログを始めたい。
Wordpressブログのサーバー選びで迷う。
エックスサーバーとさくらサーバーならどっちがいいの?

信頼度が高いのはエックスサーバー、価格が安いのはさくらサーバーです。

 

✔この記事の信頼性

この記事を書いているよーやんは2年前にさくらサーバからエックスサーバーに乗り換えました。

どちらも使った経験がありますよ。

 

【保存版】エックスサーバーで「できること」まとめ【他社比較あり】

エックスサーバーの申し込み方を知りたい。他のサーバーとの違いは何?エックスサーバーでできることは? この記事では、エックスサーバーで”できること”をまとめています。 ※詳しい情報は、それぞれの詳細記事 ...

続きを見る

エックスサーバーとさくらサーバーを比較

ポイント

安定感のエックスサーバー、安さのさくらサーバー

 

結論から言うと以下の選び方なら失敗しないですよ。

・安定感で選ぶならエックスサーバーです。

・安さを追求するならさくらサーバーです。

 

これから以下の項目を比較していきます。

エックスサーバーとさくらサーバを比較

  • 性能
  • 信頼性
  • 費用
  • 操作性

 

 

 

性能を比較

ポイント

速いのはエックスサーバー

 

サーバーの速度については、運営会社が「自社調べ」で発表されている情報がほとんどですね。

 

エックスサーバーは「サーバー速度No.1」を謳っています。

エックスサーバー速度

 

 

さくらサーバはプランによって1日の転送量が変わります。

速度を早くしたいならプレミアムプランがおすすめです。

1日の転送量の比較は以下の通り。

エックスサーバー さくらサーバー
転送量 300GB/日
*X10プラン
200GB/日
*プレミアムプラン
160GB/日
*スタンダードプラン

※エックスサーバーの転送量は2020年11月に大幅に増強されました。

 

とはいえ、どちらのサーバーでも転送量は十分です。

 

✔転送量とは:1日60万PVに耐えられる

1日の転送量が多いということは、多くのアクセスに耐えられるということです。

仮に1枚50KBの写真を10枚掲載しているページがあるとすると、そのページを閲覧するのに500KBの転送量が必要になります。

この条件だと、耐えられるアクセス数は、エックスサーバーで1日60万PVになります。

どちらのサーバーも転送量は十分ですね。

 

 

 

信頼性を比較

ポイント

信頼性はエックスサーバーの方が高いです。

運営会社はどちらも実績があるので安心です。

とはいえ、利用者数はエックスサーバーが180万件とダントツですね。

 

 

✔運営会社

どちらも実績のある会社ですね。

エックスサーバーは、2003年の設立時からサーバーを運営してきた老舗です。

一方、さくらサーバーの運営会社のさくらインターネット株式会社も1996年創業で実績があります。"

エックスサーバー さくらサーバー
サービス開始 2003年 1997年
運営会社 エックスサーバー株式会社 さくらインターネット株式会社
設立年 2003年 1996年設立

 

 

 

✔利用者数

エックスサーバーとさくらサーバは、レンタルサーバーの国内シェアNo.1とNo.3です。

エックスサーバー さくらサーバー
利用者数 No.1 No.3

 

シェア
https://ja.hostadvice.com/marketshare/jp/

エックスサーバーは運営サイト数が180万件とダントツ1位です。

これだけ利用されていながら、サイトがダウンするなどのトラブルをあまり聞きませんので安心感があります。

 

さくらサーバも、シェアNo.3と利用者が多いので安心感がありますね。

 

 

✔利用者が多いことのメリット

利用者が多いと、ネットでたくさんのレビューが見られます。

操作の仕方がわからないときも、検索すればすぐに情報が見つかりますよ。

 

 

費用を比較

ポイント

さくらサーバーのスタンダードプランが安いです。

さくらサーバーは、初期費用1048円、月額524円で利用できます。

ただし、プレミアムプランだと月額1571円と値段が高くなるので注意しましょう。

エックスサーバーは月額900円~です。

参考

さくらサーバはスタンダードプランかプレミアムプランを選びましょう。

エックスサーバーは、X10プランでOKです。

 

✔無料期間あり

どちらも無料期間があります。

エックスサーバーは10日間、さくらサーバは2週間無料です。

ちなみに、エックスサーバーは初期費用無料キャンペーンをやっていることがありますよ。

エックスサーバー さくらサーバー
初期費用 3000円※ 1,048円
月額 900円~ 524円(スタンダードプラン)
※プレミアムプランは1571円
無料期間 10日間無料 2週間無料

 ※キャンペーン期間は初期費用無料

公式サイトはこちら>>エックスサーバー

 

 

操作性を比較

ポイント

どちらも操作しやすい。申し込みしやすいのはエックスサーバー

どちらも操作しやすいサーバーですが、申し込みのしやすさはエックスサーバーのクイックスタートの方が簡単ですね。

 

 

✔申し込みのしやすさ

エックスサーバーのクイックスタートが一番簡単です。

とはいえ、さくらサーバーも申し込みは簡単です。

エックスサーバー さくらサーバー
申し込みのしやすさ
設定画面の操作のしやすさ

 

 

✔エックスサーバーのクイックスタートの申し込み

エックスサーバーはクイックスタートだとかなり簡単です。

以下のページから、クイックスタートを選択して必要事項を入力していくだけです。

クイックスタートだと、WordPressブログ開設の手順の「レンタルサーバーの契約」「ドメイン名の取得・設定」「SSLの設定」「WordPressの設置」が省けるので簡単です。

詳しい手順は、【簡単10分】エックスサーバー「クイックスタート」の手順をご覧下さい。

公式サイトはこちら>>エックスサーバー

 

✔さくらサーバーの申し込み

プランを選択して必要事項を入力していくだけで申し込めます。

申し込み完了後に、ログインしてWordpressをインストールすればブログを始められますよ。

・申し込み

プラン選択⇒必要事項入力

・Wordpressインストール

ログイン⇒Wordpressインストール

公式サイトはこちら>>さくらのレンタルサーバ

 

 

 

✔設定画面の操作のしやすさ

設定画面はどちも見やすいです。

エックスサーバーのサーバーパネルが以下の通りです。

エックスサーバー設定画面

 

 

さくらサーバーの設定画面は以下の通りです。

さくらサーバ設定画面

 

さくらサーバはコントロールパネルをリニューアルしたので使いやすくなりました。

僕が申し込んだ頃は、操作が難しかったですよ。

 

 

 

さくらサーバとエックスサーバーを使った感想

僕は最初はさくらサーバでWordpressブログを始めました。

理由としては、以下の本で紹介されていたからです。

 

この本でブログの基礎を勉強しました。本を読むの大事です。

 

 

 

さくらサーバは安い

さくらサーバのスタンダードプランはとにかく安いです。

毎月500円程度の出費だったのが、Wordpressブログを気軽に始められました。

 

 

エックスサーバーは速い

3年ほど前ですが、ブログの読者の方から「サイトが重いですよ」と指摘していただきました。

 

「確かに読み込みが遅い」

 

当時のさくらサーバのスタンダードプランはちょっと遅かった印象です。

 

そこで、思い切ってエックスサーバーに移行したところ速度が上がりました。

とはいえ、現在はさくらサーバーもスピードアップを図っていて、転送速度も速くなっていますね。

 

 

 

まとめ

エックスサーバーとさくらサーバーを比較しました。

信頼度が高いのはエックスサーバー、価格が安いのはさくらサーバーです。

エックスサーバー さくらサーバー
転送量 300GB/日
*X10プラン
200GB/日
*プレミアムプラン
160GB/日
*スタンダードプラン
サービス開始 2003年 1997年
運営会社 エックスサーバー株式会社 さくらインターネット株式会社
設立年 2003年 1996年設立
利用者数 No.1 No.3
初期費用 3000円 1,048円
月額 900円~ 524円(スタンダードプラン)
※プレミアムプランは1571円
無料期間 10日間無料 2週間無料

 

あなたはどちらにしますか?>

無料で公式サイトをチェック

エックスサーバー
さくらのレンタルサーバ

-レンタルサーバー選び
-

© 2021 YOYAN BLOG Powered by AFFINGER5