ブログの初期設定

WordPressでSEOに強いパーマリンクを設定する方法

2021年1月16日

 

online-marketing-5722882_640

WordPressブログを始めたら、SEOに強いパーマリンクを設定しましょう。

※パーマリンクは、ブログの初期段階で設定することをオススメします。

SEOに強いパーマリンクを設定して、ブログのアクセスを伸ばしたい。
SEOに強いパーマリンクの設定方法を解説します。

 

パーマーリンクの設定方法を画像付きで解説します。

以下の手順でパーマリンクを設定します。

パーマリンクの設定

①パーマリンク設定を「投稿名」にする

②記事ごとに設定する

 

SEOに強いパーマリンクを設定すれば、アクセスが伸びてブログで稼ぎやすくなりますよ。

 

 

こんにちは。薬剤師ブロガーよーやんです。

薬ブログを運営するうちにブログ運営にハマりました。

副業ブログで生活が楽になりました。

 

✔これからブログを始める方へ

これからWordpressブログを始める方は、【簡単10分】エックスサーバー「クイックスタート」の手順をご覧下さい。

簡単10分でWordpressブログを始める手順を画像付きで解説しています。

関連記事
【初心者向けまとめ】WordPressブログの初期設定【8ステップ】

ブログの初期設定は何をすればいいの? 最初にやった方がいい設定を知りたい。 この記事は、Wordpressブログの初期設定のまとめ記事です。 ※詳しい情報は、それぞれの詳細記事をご覧ください。 &nb ...

続きを見る

 

 

 

パーマリンクの設定手順

laptop-2838939_640

パーマリンクとは、ページURLの末尾の部分です。

パーマリンクによって記事ごとのアドレス(URL)が決まります。

以下の赤字部分がパーマリンクです。

パーマリンク変更5

以下の手順でパーマリンクを設定します。

ポイント

①パーマリンク設定を「投稿名」にする

②記事ごとに設定する

 

 

①パーマリンク設定を「投稿名」にする

パーマリンクは、「投稿名」を選びましょう。

ポイント

①パーマリンク設定を「投稿名」にする←今ここです。

②記事ごとに設定する

 

 

「設定→パーマリンク設定」と進みます。

パーマリンク変更1

 

「投稿名」を選択します。

パーマリンク変更2

 

「投稿名」にしておくと、記事ごとに好きなパーマリンクを設定できます。

 

 

補足:「/%postname%」でもOK

/%postname%にしても同じことです。

「カスタム構造」→/%postname%を選択します。

パーマリンク初期設定4postneme

 

/%postname%/にすると、自動で「投稿名」に設定されます。

「投稿名」を選ぶのと同じことですね。

 

 

②記事ごとに設定する

投稿画面でパーマリンクを設定します。

ポイント

①パーマリンク設定を「投稿名」にする

②記事ごとに設定する←今ここです。

 

 

以下の赤枠の部分を変更します。

 

「編集」を押してパーマリンクを書き換えます。

 

これで、パーマリンクの設定は完了です!

お疲れさまでした!

 

 

どんなパーマリンクにすれば良いの?
これからパーマリンクの決め方を説明します!

 

 

   

SEOに強いパーマリンクの3つの条件

SEOに強いパーマリンクの条件は以下の3つです。

① 意味のある単語を使う

② 記号はハイフンを使う

③ 英語表記にする

この3つの条件を満たしたパーマリンクを設定しましょう。

 

読者にも検索エンジンにも優しいパーマリンクにするとSEOに強くなります。

 

 

① 意味のある単語を使う

意味のある単語を使いましょう。

例えば、この記事のパーマリンクは以下の通りです。

パーマリンク初期設定6

「Wordpressパーマリンクを設定する方法」についての記事なので、「wordpress」、「permalink」という単語を使っています。

 

パーマリンクを見たら何の記事か分かるようにしましょう。

理由は以下の通りです。

・読者に分かりやすくなるから。

・検索エンジンに分かりやすくなるから。

読者にも検索エンジンにも優しいパーマリンクになります。

 

Googleも意味のあるパーマリンクを推奨しています。

Googleの説明は以下の通りです。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

シンプルな URL 構造を維持する|google検索セントラル

 

 

補足:カテゴリーも含めるのが理想

パーマリンクにカテゴリー名も含めるのが理想です。

カテゴリーも入ってた方が、意味のあるパーマリンクになりますね。

 

パーマリンク設定で、「カスタム構造→/%category%/と/%postname%/」を選びます。

パーマリンク初期設定5postneme

 

注意ポイント

とはいえ、パーマリンクにカテゴリーを含めると問題があります。

記事のカテゴリーを変更する度にパーマリンクが変わるようになります。

つまり、記事のカテゴリー変更をできなくなってしまいます。

なので、パーマリンクは「投稿名」がオススメです。

カテゴリーは含めなくてOKです。

 

 

②記号は ハイフンを使う

単語と単語の間に使う記号はハイフン(-)にしましょう。

Googleが推奨しているからです。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア (_) ではなくハイフン (-) を使用することをおすすめします。

シンプルな URL 構造を維持する|google検索セントラル

 

 

 

③ 英語表記にする

英語表記にしましょう。

日本語にすると、WordPressのバージョンによっては、404エラーになる場合があるからです。

 

 

 

パーマリンクは初期設定で済ませよう!

パーマリンクの設定は、ブログの初期設定の段階で済ませましょう。

後から変更するのは要注意です。

 

「後から変更」だと、以下の2つの問題が発生します。

  • 問題① :404エラーになる
  • 問題② :Googleからの評価を引き継げない

とはいえ、解決策もありますよ。

 

 

問題①:404エラーになる

後からパーマリンクを変更すると、変更前のアドレス(URL)が404エラーになります。

以前の検索結果からアクセスしても表示されなくなります。

SNSなどからのアクセスもエラーになってしまいます。

 

 

問題②: Googleからの評価を引き継げない

Googleからの評価がなくなります。

せっかく上位表示されていたページの評価を引き継げないと困りますね。

 

 

 

【解決策】リダイレクト設定する

301リダイレクト設定することで、上記の問題は解決できます。

 

「パーマリンクを変更する→リダイレクト設定する」の手順です。

これで、変更前のページにアクセスしても新しいページに自動で移動するので、Googleからの評価も引き継げます。

詳しくは、パーマリンクを変更してリダイレクトする手順【2時間で完了】をご覧ください。

 

 

 

   

まとめ

パーマリンクの設定は初期段階で済ませましょう!

手順は以下の通りです。

ポイント

①パーマリンク設定を「投稿名」にする

②記事ごとに設定する

 

SEOに強いパーマリンクの条件は以下の3つです。

① 意味のある単語を使う

② 記号はハイフンを使う

③ 英語表記にする

この条件に合ったパーマリンクがおすすめです。

 

ちょっと細かい話でしたが、パーマリンクも適切に設定すればアクセスが伸びやすくなりますよ。

 

-ブログの初期設定
-