家具

【簡単DIY】子供用の椅子を自作してみました【初心者でもできる】

子供用の椅子を自作してみたい。
子供用の椅子を作る手順を見てみたい。
かわいい椅子を作ってあげたい。

子供用の椅子を自作したので、手順を紹介します。

今回は、家にあった余りの木材で作ってみました。きれいに面取りして、手触り良くするのがポイントです。

こんにちは。DIYブロガーよーやんです。
本業は薬剤師ですが、休日は日曜大工にハマっています。

かわいい子供用の椅子の作り方をご覧ください。


 

 

子供用の椅子の作り方

子供から、「イスを作って!」とおねだりされたので作ってあげることに。

材料は、自宅に余っていた木材で出来そうです。普段からDIYをしているため、端材が大量に余っています。

 

木材をカット

木材をカットから開始。

以下の通り木材を使用しました。

脚:角材をカット

座面と背もたれ:集成材

手すり:松の無垢材

材料はバラバラですが、家にある材料でカット出来ました。

 

ホビーかんなで面取り

子供が使う椅子なので、念入りに面取りです。

手触りよ良くするのが大事です。

ホビーかんなで十分面取り出来ました。最後にやすり掛けもすれば、手触り仕上がります。

 

ちなみに、以下の「ホビーかんな」を使いました。本格的なかんなじゃなくても大丈夫です。


 

脚の部分を作る

脚の部分を固定していきます。左右対称に脚をビス止めです。

横に固定した板に座面が載る形です。

 

座面を固定

座面をビス止めしていきます。

いきなり椅子の形になりますね!

 

ビス止めするときは、きっちりと直角に固定しましょう。

便利なのがコーナークランプです。以前はさしがねで地味に直角をチェックしていましたが、コーナークランプを使うと素早くきちんと直角になります。

コーナークランプで固定してからビス止めします。簡単に直角になりますよ。


 

ひじ掛けをビス止め

ひじ掛けをビス止めします。

ちなみに、ひじ掛けは背もたれ部分の脚に合うようにカットしてあります。

 

背もたれをビス止め

背もたれはハート形にしました。

電動ジグソーを使うと曲線カットも簡単です。ちなみに、マキタのJV0600Kという電動ジグソーを使っています。

初心者でも簡単に、そして安全にカットできますよ。

 

横からビス止めして完成です。

 

 

 

   

子供用の椅子の完成

子供用の椅子が完成しました。きちんと直角を決めていくことで出来栄えが良くなりました。

市販の子供用の椅子を買うと数千円するところ、余った材料だけで完成しました。

材料を購入しても1,000円程度で出来ますよ。

 

 

初心者でも挑戦しやすい

子供用の椅子は、DIY初心者でも挑戦しやすい家具ですよ。

 

 

   

DIYキットを使うのもあり

出来上がった妻と子供が「『どうぞのいす』みたい」と言いました。

どうぞのいす?

「どうぞのいす」とは、絵本のことでした。そういえば、少し前に子供に読んであげました。


 

しかも、「どうぞのいす手作り体験セット」なるものがありました。「やっぱり作るのは大変そう」という人は、DIYキットを購入して始めてみるのもありですね。


カットしてある木材とビスがセットになっているので、初心者でも始めやすいです。

子供用のかわいい椅子を自作してみましょう。

 

 

 

まとめ

今回は、余った木材で子供用の椅子を自作してみました。

費用も抑えつつ子供のおねだりにこたえられました。


 

-家具
-,