スマートフォン

子供向け!トーンモバイルの評判はひどい?メリット10個とデメリット3個

2021年4月20日

トーンモバイルの評判はひどいの?
子供向けと聞くけど実際どうなの?
メリット・デメリットをチェックしたい。

トーンモバイルの評判はひどくないですが、大人には物足りないかも。

トーンモバイルは子供向けに特化したスマホです。

見守り機能が充実しています。そんなトーンモバイルのメリット・デメリットは以下の通りです。

トーンモバイルのデメリット

デメリット①: 動画が遅い

デメリット②: 24ヶ月以内の解約は違約金がかかる

デメリット③: 端末は一種類だけ

トーンモバイルのメリット

メリット①: 子供だけトーンモバイルにできる

メリット②: 居場所がすぐわかる【見守り機能が充実】

メリット③: 自撮り被害防止

メリット④: スマホの利用状況をAIがお知らせ

メリット⑤: お子様の行動の変化をAIがお知らせ

メリット⑥: 歩きスマホを自動で検知

メリット⑦: 動画以外は無制限

メリット⑧: 月額1100円

メリット⑨:ドコモ回線なので、どこでも繋がる

メリット⑩: 置くだけサポート

 

こんにちは。薬剤師ブロガーよーやんです。
格安SIMを初期から利用して、いくつも乗り換えてきました。
そんなよーやんが、トーンモバイルのメリット・デメリットを解説します。

最後まで読んでいただければ、トーンモバイルの評判が分かりますよ。

 

トーンモバイルの評判はひどい?

以前はトーンモバイルの評判はひどかったです。

なぜなら、速度が遅くて、月額高めだったからです。

高速通信なしで2000円を超えていたので微妙でしたね。

2021年3月に大幅に改善して、現在では動画以外は速度制限なし、月額1100円です。

 

 

トーンモバイルは子供向け!

トーンモバイルは子供にオススメのスマホです。

子供の見守り機能などが充実しています。

「子供をしっかり見守りたい」という親にはベストです。

その代わり、大人にはちょっと物足りないスマホです。

\\詳細はこちら//

 

 

トーンモバイルのデメリット

トーンモバイルのデメリットは以下の通りです。

トーンモバイルのデメリット

デメリット①: 動画が遅い

デメリット②: 24ヶ月以内の解約は違約金がかかる

デメリット③: 端末は一種類だけ

 

デメリット①: 動画が遅い

動画視聴時は速度制限がかかります。

動画を見たいときは、1ギガ330円の「動画チケット」の購入が必要です。

1ギガあれば、YouTube(360p)を約3時間見られます。

ちょっと不便ですが、子供のYouTubeの見過ぎ防止になりますよ。

子供が動画を見られないのは逆に良いな。

 

デメリット②: 24ヶ月以内の解約は違約金がかかる

24ヶ月の縛りがあります。

期間内に解約すると9,800円の違約金が掛かります。

とはいえ、「子供のスマホはしばらく変更しない」という方は気にならないかも。

 

デメリット③: 端末は一種類だけ

トーンモバイルで購入できるのは、TONE e21の一種類のみです。(2021年4月現在)

価格は21780円です。

端末を購入しないと、1100円のプランにできないのがデメリットです。

とはいえ、月額費用が安いのですぐに元はとれますね。

 

✔機能は充実

TONE e21はトーンモバイル独自生産の端末なのでサポートもしっかり受けられます。

面倒な設定は不要。

しかも、128GBの大容量ストレージ、6ギガメモリで性能もしっかりしています。

 

 

トーンモバイルのメリット

トーンモバイルのメリットは以下の通りです。

トーンモバイルのメリット

メリット①: 子供だけトーンモバイルにできる

メリット②: 居場所がすぐわかる【見守り機能が充実】

メリット③: 自撮り被害防止

メリット④: スマホの利用状況をAIがお知らせ

メリット⑤: 子供の行動の変化をAIがお知らせ

メリット⑥: 歩きスマホを自動で検知

メリット⑦: 動画以外は無制限

メリット⑧: 月額1100円

メリット⑨:ドコモ回線なので、どこでも繋がる

メリット⑩: 置くだけサポート

子供用スマホにこれがベストかも。

見守り機能と価格がすごいですね。

 

メリット①:子供だけトーンモバイルにできる

親が別のスマホを使っていても、子供だけトーンモバイルにできます。

親はトーンモバイルにする必要なしです。

大手キャリアのキッズスマホは、親も同じキャリアにする必要があります。

親が別のスマホでもアプリを使えば見守り機能などを使えます。

ただし、その場合は月額220円かかります。

 

メリット②: 居場所がすぐわかる【見守り機能が充実】

子供の居場所がすぐ分かります。



見守り機能が充実しています。

・子供の居場所が分かる。

・不適切なWebサイトをブロック。

・スマホの利用時間を設定。

親のスマホやパソコンからいつでも子供の居場所が確認できます。

「あんしんインターネット」で、不適切なWebサイトをブロックできます。スマホ、アプリごとに利用時間を設定して使いすぎを防止できます。

この価格で、ここまでの見守り機能は他にないですね。

 

メリット③: 自撮り被害防止

 TONEモバイルのカメラアプリ「TONEカメラ」を使うとAIが裸などの不適切な写真撮影を検知して規制します。

お子様を自画撮り被害から守れます。

 

メリット④:スマホの利用状況をAIがお知らせ

自動で、よく使用しているアプリやよく見るWebサイト、よく行くエリア、歩きスマホ多発エリアをレポート。

かんたんに子供の行動やスマホの利用状況を確認できます。

 

メリット⑤:子供の行動の変化をAIがお知らせ

子供の「乗り物」での移動手段の変化を検知して保護者の端末に通知します。

通常の行動と比較して「異常」と判断すると、保護者に緊急警告を通知します。

習い事が多い子供の見守りに便利ですね。

 

メリット⑥: 歩きスマホを自動で検知

ここまでくるとちょっと過保護ですが、子供の歩きスマホを自動で検知します。

ブロック画面を表示してお子様の安全を守ると共に、保護者の端末にも通知を送ります。

 

メリット⑦: 動画以外は無制限

動画以外は高速通信が無制限です。

通常のネット閲覧、アプリ使用時にギガが減ることはありません。

動画以外は十分快適ですよ。

 

✔動画を見る時は「動画チケット」を購入

動画を高速で使う場合は、1ギガ330円の「動画チケット」の購入が必要です。

あるいは、Wi-Fiに接続しましょう。

家にネット環境があれば問題ないですね。

 

メリット⑧:月額1100円

何と言っても、月額1100円がお得すぎます。

シンプルなプランで分かりやすいですね。

子供のスマホ代としてはありがたい料金設定ですね。

動画の通信制限がある分、月額費用が安いと言ったところでしょうか。

 

メリット⑨:ドコモ回線なので、どこでも繋がる

トーンモバイルは、ドコモ回線を利用しています。

全国ほぼどこでも繋がるので安心です。

 

メリット⑩: 置くだけサポート

購入時の箱にスマホを置くだけで、自動的に原因究明・解決する便利な機能です。

「突然ネットが繋がらなくなってしまった」、「設定が勝手に変わってしまった」というときには、箱の上に置くだけで設定が戻ります。

設定が分からなくてイライラということがなくなります。

 

 

子供の見守りにベスト!



繰り返しますが、トーンモバイルは子供向けに特化したスマホと言えるくらい見守り機能が充実しています。

警備会社並みのレベルです。

 

しかも、月額1100円です。

難しい設定も不要なので、購入してすぐに使えます。

以下の方にピッタリです。

子供の見守りをしっかりしたい。
でも子供のスマホの設定は面倒。

 

✔子供だけトーンモバイルにすればOK

大手の携帯会社と違い、親が別のスマホでもOKです。

子供だけトーンモバイルにしちゃえばOK。

しかも、見守り機能はアプリで簡単です。

うちの子のスマホも一代目はトーンモバイルのしようかな。

\\詳細はこちら//

 

 

まとめ

トーンモバイルは子供向けに特化したスマホです。

そんなトーンモバイルのメリット・デメリットは以下の通りです。

トーンモバイルのデメリット

デメリット①: 動画が遅い

デメリット②: 24ヶ月以内の解約は違約金がかかる

デメリット③: 端末は一種類だけ

 

トーンモバイルのメリット

メリット①: 子供だけトーンモバイルにできる

メリット②: 居場所がすぐわかる【見守り機能が充実】

メリット③: 自撮り被害防止

メリット④: スマホの利用状況をAIがお知らせ

メリット⑤: 子供の行動の変化をAIがお知らせ

メリット⑥: 歩きスマホを自動で検知

メリット⑦: 動画以外は無制限

メリット⑧: 月額1100円

メリット⑨:ドコモ回線なので、どこでも繋がる

メリット⑩: 置くだけサポート

中学生くらいの子供の最初のスマホにベストです。

警備会社並みの見守り機能で安心なので、小学生のパパ、ママは検討の価値ありですね。

\\無料で公式サイトを見てみる//

-スマートフォン
-