ブログの書き方

【ブログの書き方】文章構成を考えれば1000文字書ける

2020年9月29日

ブログで書きたいことが決まっても、執筆が進まないことがありますか。

この記事では、すらすら書けるようになる文章構成を紹介します。

ブログが書きやすくなる文章構成はあるの?

構成を考えてから書けば、1000文字の記事はすぐに書けるようになります。

この記事では、文章構成を決める3つのポイントをご紹介します。

初心者の方もブログが書きやすくなりますよ。

ポイント

  • 記事の構成を考えてから記事を書きましょう。
  • 読者のニーズ、疑問の解決策、根拠をまとめていきましょう。
  • 文字数にとらわれない:ニーズに応えることが大事です。

 

 

副業ブログで月1万稼ぐロードマップまとめ【20個の手順を解説】

副業ブログで月1万円稼げるようになりたい。 ブログで月1万円稼ぐための具体的な手順を知りたい。 月1万稼ぐには何をすればいいの? ブログで稼げるようになる20個の手順のまとめ記事です。 ※詳しい情報は ...

続きを見る

文章構成の3つのポイント

文章構成を決める3つのポイントは以下の3つです。

ポイント

①読者のニーズ

②解決策

③根拠

この3つを順番に考えていけば、自然と記事の内容は埋まります。

 

 

①読者のニーズ

ブログでは、読者のニーズを考えて書くのが基本です。

自分の書きたいことを書いても読んでもらえません。

 

キーワード

まず、記事のキーワードを検索していきましょう。

Google検索やラッコキーワードなどを使って、メインとなるキーワードと関連キーワードを検索していきます。

ちなみに、この記事のキーワードは「ブログ、記事、構成、書き方」などです。

 

想定読者(ペルソナ)

キーワードからより具体的な読者をイメージしていきます。

読者の疑問だけでなく、どんな年齢の人か、職業、家族なども想定していきます。

難しい場合は、過去の自分を想定読者にすると考えやすくなります。

ヤフー知恵袋で検索すると、リアルな疑問が載っているのでイメージしやすくなりますよ。

 

 

②解決策

読者の疑問に対する解決策を考えていきましょう。

ブログを検索する人は解決策を探していますので、早めに解決策を書きましょう。

解決策が明確になっていると、さらに記事を読み進めてくれます。

読者は、スクロールしながらつまみ読みをしていくことがあるので、解決策が目に留まるようにしましょう。

 

 

③根拠

解決策の根拠や具体例などを書きましょう。

「なぜなら~だからです」の部分を書いていきます。

「例えば~」と具体例を挙げると説得力が増しますね。

 

 

 

   

内容を埋めていこう

以上の3つの構成が決まれば、あとは内容を埋めていくだけです。

構成に従って見出しを決めてから、本文を書いていきましょう。

一つ一つの内容は短めにした方が読者は読みやすくなります。

200文字の内容が5個あれば1000文字なのですぐに1000文字は超えていきますよ。初心者でも1000文字の記事を書いていけるようになります。

 

文字数にとらわれない:ニーズに応えることが大事

とはいえ、文字数にとらわれないようにしましょう。

文字数よりも大事なのは、読者のニーズに応えることです。

初心者は記事を書くこと自体に集中しがちですが、読者目線を忘れないようにしましょう。

文章を書いているときも、想定読者が目の前にいると思って書いていきましょう。

そうすれば、読者の疑問に答える有益な記事が書けるようになっていきますよ。

 

   

まとめ

  • 記事の構成を考えてから記事を書きましょう。
  • 読者のニーズ、疑問の解決策、根拠をまとめていきましょう。
  • 文字数にとらわれない:ニーズに応えることが大事です。

-ブログの書き方
-