ブログの書き方

ペルソナを設定して有益な記事を書こう【ブログの作り方】

2020年9月6日

たくさんの人にブログを読んでもらうために、ペルソナを設定するのは有益です。

今日の出来事などを書いたところで、有名人でもない限り誰も読んでくれません。
ペルソナを設定すれば、読者が必要としている記事をかけるのでたくさんの人に読んでもらえますよ。

ペルソナってなに?

どうやって設定すればいいの?

僕も以前はそうでしたが、上記の疑問をお持ちの方はぜひこの記事をご覧下さい。

実は、一番簡単な簡単なペルソナの設定方法は”過去の自分”をペルソナにすることですよ。

この記事では、ペルソナとは何か、どうやって考えればいいのかを、特化ブログで収益化に成功した筆者がを分かりやすく説明します。

WordPressブログの始め方【エックスサーバーで開設】

Wordpressブログがいいらしいけど難しいんじゃないの?ブログ初心者でも作れるの? この記事では画像付きでブログの作り方を解説します。 初心者でも30分くらいでブログのを作れますよ。   ...

続きを見る

 

ペルソナとは

写真ACからの写真 

ブログについて、調べていると”ペルソナ”というマーケティング用語にたどり着きますね。
ペルソナの定義は「サービス・商品の典型的なユーザー像のこと」で、ユーザーを具体的に想定するの役立ちます。

似た言葉に「ターゲット」がありますが、ペルソナの方が具体的に読者を想定します。

ペルソナを設定すると、読者に訴えかける記事が書きやすくなり、有益な情報を発信できるようになりますよ。

 

ペルソナが必要なのはなぜ?

ペルソナを設定すると、ユーザーのニーズに合った記事を書きやすくなります。

例えば、漠然と男性に向けた記事を書こうとするより、”子供がいて、デスクワークをする、30歳男性・・・”など具体的に想定して記事を書く方が読者に”刺さる”記事が書きやすくなります。

男性全般のニーズよりも想像がつきやすいですよね。

 

ペルソナの設定方法

写真ACからの写真 

ペルソナを設定する方法は地道に考えていくしかありません。

記事のテーマを決めたら、どんな悩みを抱いている人がいるかを考えていきましょう。徐々にどんな人がこの悩みを抱いているかを考えながら読者を絞り込んでいきます。

 

ポイント

以下のように絞り込んでいってみましょう。
・男性か女性か
・若い人か年配か
・若い人なら20代か、30代か
・既婚か独身か
・子供いるか、いるなら男の子か女の子か
・仕事はデスクワークか、肉体系か
・家事をする人か、しない人か
・節約志向か
・都会暮らしか、田舎暮らしか

 

いかがですか! このように絞り込んでくると、想定読者の人物像が浮かび上がってきます。

 

Yahoo!知恵袋で調査しよう

Yahoo!知恵袋などで、どんな悩みを持っている人がいるかを調査するのも良い方法です。
例えば、この記事を書くにあたってはYahoo!知恵袋で「ペルソナ 設定」と検索してユーザーのニーズを調査しました。

ブログの初心者で、「ペルソナってなに?」「ペルソナをどうやって設定すすればいいの?」と考えている人を想定しています。

 

過去の自分をペルソナにする

一番単純で確実な方法が、過去の自分をペルソナにするという方法です。

過去の自分が何を悩んでいたかを考えてみましょう。例えば、過去の自分で言うと「家でできる副業はないかな」「どうやってブログを始めればいいんだろう?」「どんな手順でブログ記事をかけばいいのかな?」などと考えていました。

過去の自分に教えてあげるという視点で記事を考えていきましょう!

きっと過去の自分のような人が世の中にいるはずです。今現在、同じような悩みを抱いている人に応えることができます。
しかも、自分を想定すれば問題を解決したという実体験の裏付けがありますから、説得力がある答えを提示できますよ。

 

まとめ

・ペルソナとはサービス・商品の典型的なユーザー像のことで、ユーザーを具体的に想定します。
・ブログづくりにおいても、ペルソナを設定するとユーザーのニーズに合った記事を書きやすくなります。
・設定方法は、ユーザーの年代、性別、立場などを具体化して、その人が何を必要としているかを調査します。
・このようにペルソナを設定していけば、読者にとって有益な記事を書いていけますよ。

 

 

 

  • この記事を書いた人

よーやん

副業ブロガー【経歴】東京薬科大学→薬局 ●副業ブログで収益6桁。●ブログで生活にゆとりができました。 ●生活の軸をブログにシフト中。●ブログ・SEO・アフィリエイト研究

-ブログの書き方
-

© 2021 YOYAN BLOG Powered by AFFINGER5