アクセスを増やす

ブログ直帰率を改善する5つの方法【気にしなくても大丈夫です】

2020年12月25日

グラフ

ブログの直帰率が高い気がする。
直帰率を下げたい。

この記事では、直帰率を改善する5つの方法を解説します。

 

直帰率を改善する方法は以下の5つです。

ポイント

①導入文は「結論→理由→具体例」
②最初の見出しで結論を言う
③サーバーを変えて表示速度を上げる
④画像を軽量化して表示速度を上げる
⑤関連記事へ誘導する

 

これを実践すれば、直帰率が下がって記事を読んでもらえますよ!

✔この記事の信頼性

筆者の薬剤師ブロガーよーやんは、ブログで収益を得ています。

この記事を読んで、実践すれば直帰率が改善しますよ。

 

 

①導入文は「結論→理由→具体例」

ポイント

導入文で結論→理由→具体例を書きましょう。

直帰率を下げる上で重要なのが導入文です。

導入文で結論→理由→具体例を書きましょう。

 

読者に、「詳しく見てみよう」と思ってもらうことが大事です。

 

例えば以下の感じです。

「○○の疑問に答えます。
ずばり結論は△△です。
なぜなら~~だからです。
実際、僕も××でしたよ。」

 

 

導入文で結論を書く

ポイント

導入文で結論を書きましょう!

最初に結論を書くのが重要です。

 

読者は疑問を答えを探しているので、「この記事に答えがある」と思ってもらうことが大事です。

「詳しく読んでみよう」と思ってもらえれば、直帰率は下がります。

 

 

導入文で理由を書く

ポイント

導入文では、結論の理由を書きましょう!

理由がはっきりしていないと、それはただの主観ととられます。

 

例えば「今からでもブログで稼げます」と言うだけだったら、ただの主張です。

それだけだと説得力がないですね。

 

「なぜなら、ネット広告の需要は伸びているからです」と言えば、「なるほど」と思いますね。

理由を書けば説得力が出ますね。

 

 

 

導入文に具体例を入れる

ポイント

「例えば~~」という感じで具体例を入れます。

「実際に僕もこうでした」という感じで、経験を入れるのもOKです。

話を具体化することで、説得力が増しますよ。

 

 

 

②最初の見出しで結論を言う

ポイント

最初の見出しも「結論」です。

本文の最初も結論にしましょう。

 

なぜなら、読者は疑問の解決策を知りたいと思っているからです。

 

二つ目以降の見出しで、理由→具体例を掘り下げていきましょう。

参考

✔言葉の定義も後回し!

「~~とは」という言葉の説明も後回しです。

解決策を書いた後に、「そもそも~~とは」と説明を補う感じでOKです。

 

 

 

③サーバーを変えて表示速度を上げる

ポイント

ブログの表示速度を上げることも大事です。

サイトがすぐに表示されないと、読者は一瞬で離脱します。

サイトが重いと、「戻るボタン」や「×ボタン」を押しますよね?

 

✔サーバーをチェック

表示速度が遅い場合はサーバーをチェックしましょう。

ここで重要なのは、単純な速度ではなく、”表示速度”です。

最初のページがすぐに表示されることが大事です。

実際に自分のページを表示させてみて、クリックしてからすぐに表示されるかチェックしましょう。

表示速度が遅い場合は、サーバー変更も検討しましょう。

サーバー選びについては、失敗しないレンタルサーバー選び【個人ブログにおすすめ3つ】をご覧下さい。

 

 

 

④画像を軽量化して表示速度を上げる

ポイント

画像が重いと表示速度が下がります。

プラグインなどを利用して画像を軽くしましょう。

 

「遅延読み込み」の設定をするのもおすすめです。

画像が表示領域に入った (または入ろうとしている) 時にだけ読み込まれるようになります。

これもプラグインの設定で対応できます。

 

詳しくは【ブログ初心者向け】画像を圧縮してスピードアップするプラグインをご覧下さい。

 

 

⑤関連記事へ誘導する

ポイント

記事に関連記事のリンクを設置しましょう。

記事に関連記事のリンク(内部リンク)を設置しましょう。

記事を読んでいるうちに、さらに疑問が出てくることがあります。

 

先回りして読者の疑問に答える記事のリンクを貼っておきましょう。

参考

例えば、上記の「詳しくは【ブログ初心者向け】画像を圧縮してスピードアップするプラグインをご覧下さい。」という部分が内部リンクです。

「画像を軽量化する方法を知りたい」と思うタイミングで設置しています。

読者心理を考えて、さらに疑問に答える記事に誘導しましょう。

 

 

直帰率とは

そもそも直帰率ってなんだっけ?

直帰率とは、簡単に言うと「1ページしか見なかった人の割合」です。

直帰率には、以下のパターンがあります。

・検索画面に戻る
・×を押してページを閉じる
・他のサイトに移動する。(広告などをクリック)

 

 

Googleアナリティクスでチェック

直帰率はGoogleアナリティクスでチェックしましょう!
以下の通りです。

Googleアナリティクスの設定方法は、【2020年11月最新版】Googleアナリティクス設定方法をご覧下さい。

 

 

直帰率は低くてもOK

直帰率はこだわらなくてOKです。

もちろん、直帰率は低い方が良いですが、読者ニーズに応えていれば問題ありません。

ほかの指標もチェックしましょう。

 

 

滞在時間を見る

滞在時間もチェックしましょう。

読者が直帰しても、滞在時間が長ければ、ニーズを満たせている可能性が高いですね。

 

 

リピーター

新規ユーザーの割合を見ましょう。

新規ユーザーが少なければ、リピーターが多いということですね。

リピーターが増えていれば、直帰率が低くてもOKです。

 

 

 

PVが伸びていればOK

PVつまりアクセスが増えていれば全く問題ないです。

 

とりあえずジワジワ増えていればOK。

有益な記事を書いていれば、急激に伸びるときが来ますよ。

ユーザーの疑問に答える有益な記事を書いていきましょう。

 

 

まとめ

直帰率の改善方法をまとめると以下の通りです。

ポイント

①導入文は「結論→理由→具体例」
②最初の見出しで結論を言う
③サーバーを変えて表示速度を上げる
④画像を軽量化して表示速度を上げる
⑤関連記事へ誘導する

とはいえ、直帰率にこだわる必要はありません。

読者のニーズに応えられていれば気にする必要はないですよ。

  • この記事を書いた人

よーやん

副業ブロガー【経歴】東京薬科大学→薬局 ●副業ブログで収益6桁。●ブログで生活にゆとりができました。 ●生活の軸をブログにシフト中。●ブログ・SEO・アフィリエイト研究

-アクセスを増やす
-

© 2021 YOYAN BLOG Powered by AFFINGER5